最新情報

2013年1月18日
近くの地域の高価買取情報を知りたいのなら下記のページから
2012年12月19日
自動車買取の交渉術って?
2012年12月18日
個人売買ってお得なの?
2012年12月17日
見積りのときに注意するべき盲点
2012年12月16日
個人輸入車を売りたい時には

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ateam

近くの地域の高価買取情報を知りたいのなら下記のページから

新潟車買取について

新潟の買い取り店、高価買取の情報ならこちら

群馬車買取について

群馬の買い取り店、高価買取の情報ならこちら

栃木車買取.com

栃木の買い取り点、高価買取情報ならこちら

2013年1月18日

自動車買取の交渉術って?

自動車を高値で買い取ってもらうには、買取業者との交渉が必要不可欠です。

私自信、買取業者という立場で働いていたので、実に様々なケースを体験しました。
そんな経験を生かして、今回は自動車買取業者に対する交渉術をご紹介しようと思います。

■誠実な姿勢で、買取業者に協力的な姿勢を見せること
まず一番大切なことはこの点だと思います。買取業者の担当者も人間なので、乱暴な言葉遣いや雑な対応などをされるお客様相手に対しては、どうしても嫌な印象をいだいてしまいます。
誰だって、和やかに、にこやかに、良い雰囲気のなか、気持ちよく交渉を進めたいと思っています。
そういった雰囲気で交渉を進めることができた際には、担当者も、素敵なオーナーさんに大切に乗ってもらっていた車を、できるだけ高く買い取って、また、大切に使用していただけるオーナーさんに渡してあげたい、という気持ちになり、高い査定額を提示しようとがんばります。
また、どうしても査定額を上げられない場合でも、サービスなど、お金以外の面において、よくしてもらえる、といったケースも多いようです。

■無理矢理に話を進めようとする買取業者にどう対応するのか
お客様に完全に満足していただけていない状況のなか、無理矢理に買取作業を進めようとする、という、悪質な買取業者も存在します。
こういった業者に当たってしまうこともあるかもしれません。
その際に大切になるポイントは以下となります。
・事前に売りたい自動車の相場金額を調べておく
・金額の希望を述べるなどをしない
・その場で即決をすることは絶対にしない
大きくまとめると
・焦らない
という一点です。
買取業者のペースに乗せられすぎず、きちんと話し合いをすることが大切です。
その際にも、はじめに述べた「誠実な姿勢で、買取業者に協力的な姿勢を見せること」は忘れないでくださいね!
毅然とした態度と丁寧な言葉づかい、というものは、どういった交渉の場面においても、強い武器となるのです。

2012年12月19日

個人売買ってお得なの?

自動車を売りたい場合、買取業者に依頼する、下取りサービスを利用する、など、お店に売るという方法の他に、オークションを利用したり、知り合いに売ったりするなどの、個人売買という方法があります。

個人売買では、間に買取業者を挟まないために、買取業者の提示する査定金額よりも高額での売却が出来る場合も多いです。
しかし、知らない相手との個人売買では、ほんとうにトラブルが起こりやすいということも真実です。

■お金を払ってもらえない!
顔の見えないやり取りが主となるオークションでは、車を渡したもののお金のやりとりが上手くいかない、料金を払ってもらえない、などのトラブルがあります。
信頼できる人に売るのが一番ですが、個人売買という目的で知り合った人とは、直接面と向かってやり取りをするのは数時間を数回、となってしまいます。それだけの時間では、この人が信頼できる人なのかという判断をするには少し短い時間だと思います。

■名義変更でのトラブル
お金の受け取りまでスムーズに進んだけれど、その後の名義変更をしてもらえず、売ったはずの車の自動車納税通知書を受け取り驚く、などのトラブルの例もあります。
自動車を買い取ってもらった相手とも連絡がとれず、民事裁判を起こそうにも誰を訴えてよいのかわからず、泣く泣く維持費を払った、という例、また、もっと恐ろしい例では、自分の名義の自動車が犯罪に使われていた!などの事例もあります。

■修理費を請求された!
きちんと車の状態を確認して売買の契約が成立したはずなのに、後日その相手から「車の状態に不具合が見られる、修理をするので修理費を払って欲しい」などの連絡が来た、というトラブルもあります。
相手も車の状態に納得し、中古車を買い取ったはずです、なによりその車は売買が成立、お金をやり取りし、名義を変更した時点でもうあなたの車ではありません。それでもこういった個人売買の場合、気の弱いほうが負けてしまう、というのが実状です。脅迫まがいのやり方でお金を請求されて、請求された金額を払ってしまった、という例も少なくありません。

上に挙げたのはほんの一例で、実は自動車の個人売買にはトラブルがつきものなのです。
車は金額的にも、所有者の負担的にも、大きなものとなっています。安心できる自動車の売却には、やはり買取業者さんにお願いする、というのが一番よいのかもしれないですね!

2012年12月18日

見積りのときに注意するべき盲点

自動車の見積りの時、いったい何をチェックされるのでしょうか。

今回は主に自動車の見積りをしてもらう際、車体の状態について注意するべきポイントたちについて書いてみたいと思います。

■第一印象で査定額を下げないように!
まず、査定を受ける前に、洗車ならびに車内の掃除をする、ということは基本です。
なるべく綺麗な状態で査定をしてもらいましょう。
自動車の細かい状態はもちろんしっかりとチェックするのですが、第一印象というのもほんとうに大切です。
査定士もプロフェッショナルとはいえ人間です。パッと見て「きれいな自動車だな」と思えば、査定額が変に下がるということもありません。
また、綺麗な状態の自動車を見てもらうことで、大切に乗られていた自動車なんだ、とわかってもらえます。人間ではある査定士に良い印象を持ってもらい、人間味のある査定額をいただくことも出来るかもしれません。

■不利な情報を隠さない!
先ほど「査定士もプロフェッショナルとはいえ人間です」というお話をしました。
高く買い取ってもらいたいときに、故障、事故歴、修理歴、など、不利となるマイナスの情報は、隠したいと考えてしまうこともあるかもしれません。
しかし、査定士は、プロフェッショナルであり、かつ、人間です。
プロフェッショナルが見れば、その自動車の故障や事故、修理跡などはわかってしまいます。
そういう状況であるのに正直にマイナス面を申告せず、嘘をついたりすると、査定士に不信感を与え、厳しい査定結果を受け取る、ということになりかねません。
正直に査定に臨み、正しい査定をしてもらえるように心がけましょう。

■意外と盲点となるポイントについて
きちんと洗車と掃除をしても、忘れがちだったりすることのひとつが、ニオイについてです。
ニオイというものは目に見えませんが、人間に大きな印象を与える要素なのです。
タバコのニオイ、ペットのニオイなど、査定前に消臭スプレーをするだけでも随分査定額が違ってくるのです。
また、その他にも忘れがちなのが、トランクルームの清掃、整頓であったり、ワックスがけをすることです。
「ワックスがけなんてどうせ売るときにするでしょう?お金もかかるし……」
と考えがちですが、実際に、ワックスがけにかかる費用よりも、ワックスがけをして綺麗になった自動車の査定をしてもらうほうが、プラスの査定をもらえ、最終的にはワックスをかけたほうがお得だった、という例は非常に多いです。

こういったポイントに注意しつつ、満足のいく査定をもらってください!

2012年12月17日

個人輸入車を売りたい時には

これはほんとうに珍しいケースだと思うのですが、個人輸入をした車の買取をしてもらいたい、という男性がいらっしゃいました。
この方はもともとお客様だったのですが、車好き同士話しが弾んでしまい、今では一緒に飲みに行ったりドライブを楽しんだりカーショーイベントで偶然会ってそのままやはり飲みに行ったり、という様子で、とても仲良くしてもらっています。

まず、自動車の個人輸入に関してですが、これはほんとうに大変な作業だと思います!
「どうしても惚れてしまった車があるので……」などの理由で、自動車の個人輸入をされていたのですが、ほんとうに大変そうだなあ、恋する男の力ってパワフルだなあ、恋ってやっぱりいいものだなあ、という感想を持ったものです。
時間もお金もかかる個人輸入という作業、やはり情熱がなければ成し遂げられるものではないと思います。

しかし、その方は情熱もさることながら、浮気性でもありました。
なんと、個人輸入までした惚れた愛車よりも乗りたい車を見つけてしまったようでした。
その際に「個人輸入した車なんだけど売れるかな〜」と、軽く相談されました。

その答えはもちろんYESです。

ただ、買取業者によっては、得体のしれない車の扱いに困る、ということで買取を拒否されることもあります。
快く買取を承諾してもらえたと思ったら、日本の道路交通法に準拠するようにオリジナルの状態から改造されている、などの理由により、不自然なまでに買取価格を下げられたり、ということもあります。

そこで、やはり大切なのは、ぜひその車を買いたいという買取業者と出会うことです。
煩雑な手続きを踏まなければならない、個人輸入をしてまで乗りたいような車です、もちろん魅力があるのです。
そういう車の価値やニーズをきちんと判断してくれる買取業者は必ず存在するので、きちんと正しい価格、満足のいく価格での買取契約を結んでください。

その男性の話に戻りますが、彼は買取業者に査定を依頼し、さまざまな査定を一通り受け取った後、もちろん驚くようなお得な査定額もあったのですが、売るのが惜しくなったようで、自宅ガレージを増築して、新しい車と共に個人輸入車を愛乗しつづけています。
日本でも、車の世界には一夫多妻制もありえますね!

2012年12月16日

廃車買取りのススメ

もう乗らない自動車があるので、廃車手続きをしようと思っているのだけれど……」
というお客様から相談されることもしばしばあります。
このwebサイトをご覧いただいている方々の中にも、そのようなお悩みをお持ちの方が多数いらっしゃると思います。

しかし!待って下さい!

廃車にするよりも、買取に出したほうが、断然簡単でなおかつお得なのです。

自動車を廃車にする際に、廃車手続きを代行してくれる業者に頼めばもちろん費用がかかります。
しかし、事故車、水没車、故障車、などの、乗らない自動車ではなくて乗れない自動車でさえ、ぜひ買い取りたい!という業者が存在するのです。

そういった業者に買い取ってもらえれば、廃車にかかる手間よりも遥かに簡単に車を手放すことができ、かつお金も手に入る、良いことづくめのような話です。

次にうかぶ疑問は「どの業者に頼めばいいの?」というものかと思います。
実際に、廃車買取りなど、動かない自動車の買取をしている業者が多数存在していることは事実ですが、全ての業者がそうではありません。そこで、自動車一括査定などを利用して、お住まいのご住所からアクセスしやすい場所にある、廃車買取り会社を見つけてください。

また、廃車の買取の際に少しでも高く買い取ってもらうための注意としては、普通の中古車買取と同じようなポイントとなりますが、その車のどこが悪いのかということを正直に申告するということ、また、自動車はなるべくきれいな状態で見てもらう、などが挙げられます。
「どうせパーツごとにするから多少状態が悪くてもいいはず!」
と考えがちですが、買取業者も、大切に乗られていた車をなるべく良心的な価格で買い取りたい、という気持ちがあります。
また、査定士には車好きが高じて査定士になった、という人間も少なくありません(私もそのうちの一人でした!)。
車を丁寧にあつかうことは、査定士によい印象を与える一番よい方法だと思います。

2012年12月15日

自動車の廃車に必要な書類って?

廃車手続きをしたいとお考えの方には、廃車よりも買取をおすすめします!
とお伝えしていますが、今回は実際に廃車の際に必要となる書類などについて書いてみようと思います。

■えっ!廃車にも種類があるの?
まず「廃車の手続き」といっても、実は2種類あるのです。
ひとつは一時抹消登録
もうひとつは永久抹消登録です
永久抹消登録をした自動車は、廃車手続き後スクラップ処分となります
一時抹消登録をした自動車は、廃車手続き後自動車自体は壊さずに置いておく、ということになります。

■自動車の永久抹消登録に必要な書類
・自動車検査証(車検証)
※解体抹消(解体届け)の手続きには、普通自動車の場合「一時抹消登録証明書」が、軽自動車の場合「自動車検査証返納証明書」が必要となります(一時抹消登録をした際に受け取る書類です)。
・ナンバープレート2枚
・所有者の実印
※軽自動車の場合は「認印」でOKです。
・印鑑証明書1通
※発行後3ヵ月以内の印鑑証明書が必要です。
※軽自動車の場合、「印鑑証明書」は必要ありません。
・自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)
・解体業者から通知された「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」
・申請書(OCRシート3号様式の3)
※軽自動車の場合は申請書「解体届書(OCRシート)軽第4号様式の3」となります。
・振込先情報「銀行名・支店番号・口座番号」

■自動車の一時抹消登録に必要な書類
・自動車検査証(車検証)
・ナンバープレート2枚
・所有者の実印
※軽自動車の場合は「認印」でOKです。
・印鑑証明書1通
※軽自動車の場合、「印鑑証明書」は必要ありません。
・申請書(OCRシート3号様式の2)
※軽自動車の場合は申請書(OCRシート軽第4号様式)となります。
・手数料納付書
※一時抹消登録には手数料が350円(2012年12月現在)かかります。
・振込先情報「銀行名・支店番号・口座番号」

永久抹消登録、一時抹消登録共に、必要書類を揃えてナンバープレートを管轄する陸運局(陸運事務所)または軽自動車検査協会を訪問し、抹消登録の手続きを始めることになります。

2012年12月14日

「解体」よりも「買いたい」業者

こんにちは!
オヤジギャグのようなタイトルで失礼します!
自動車の解体を考えているあなたに、解体や廃車よりも、買いたい業者を見つけることをおすすめしたい!という内容の記事を書こうと思います!

■どういうときに解体が必要となるの?
必要のない自動車、壊れた自動車、廃車にする前に必要な手順として「解体」があります。
自動車の廃車手続きの前には自動車の解体が必要なのです。
陸運局にて廃車の手続きをするときに解体後に渡される「解体証明書」が必要となるのです。
これは「きちんと自動車の解体をしました」「然るべき、信頼され得る業者によって自動車の解体をしました」という証明を陸運局に対して示すためです。

■どこで解体してもらえるの?
その解体ですが、自動車解体業者に持ち込んで解体を行います。
動かない自動車であればレッカー使用費やリサイクル料もかかってしまいます。

■「解体」よりも「買いたい」業者
手間も時間もお金もかかる解体廃車作業よりも、愛車を売るという方法があります。
動かない車なんて売れないよ……などとお考えかもしれませんが、意外とニーズがあるのです。
パーツが欲しい業者、金属が欲しいという業者で、すこし状態が悪いくらいの車であれば海外のマーケットで十分商品として売りさばけるという業者、など、普通の中古車買取販売業者以外にもさまざまな業者が存在するのです。
愛車を必要としてもらえる方に引き取っていただけるということは、ほんとうに喜ばしいことだと思います。
スクラップにしてしまうよりも、動くエンジンだけでも喜んで使ってもらえれば、車も喜ぶことでしょう。
大切に乗った愛車、さまざまな時間を一緒に過ごした愛車に、第二の人生(車生ですね!)を歩ませることができるということは、自動車のオーナーさんにとって、とても嬉しいことだと思います。

2012年12月13日

自動車の処分方法に悩んだら

事故車、水没車、など、問題のある自動車をどうしてよいのかわからない、というお客様の相談もたくさんいただきます。
そういったお客様は、ほとんどの方が廃車の手続きなどについての質問をされるのですが、私からのおすすめはやはり廃車買取りです。

■壊れた車がどうして買い取ってもらえるの?
お客様個人では自動車の部品をバラバラにして売ったり、鉄を売ったり、そういったことは不可能ですが、その作業を専門に行なっている業者は多数存在します。
日本の自動車というのはほんとうに性能がよいということで、世界からもいまだ人気が高く、そのパーツだけでさえブランド力が働くのです。

■廃車買取り事故車買取をしてくれる業者の見つけ方
しかし、ディーラーにただ頼んだり、買取店に普通に査定を出しただけではやはり0円査定をされる、なかにはリサイクル料などの請求すらされる、というケースも多いです。
そんなときにはやはり事故車買取も一括査定をしてくれる、というようなwebサイトを利用して廃車買取り事故車買取をしてくれる業者の見つけることがおすすめです。
相談をいただくお客様達も、はじめはもしかしたら買い取ってもらえるかもしれない、という希望を持って、ディーラーや買取店をいくつも回ったけれどどこも0円査定だった、手間はかかるけれど廃車にするしかないのかな、といった経緯でご相談をされます。
そういった方にはやはり事故車買取一括査定のwebサイトをおすすめしています。ほとんど手間はかからず、簡単に1万円からなんと10万円ほどの査定をもらえることもあるのです。

■廃車買取りのメリットまとめ
・ほとんど手間がかからない
・お金も手に入る
・廃車作業よりもずっと楽に自動車を処分できる

以上の理由から、やはり廃車買取りという方法が、自動車の処分方法としてもお勧めです!

2012年12月12日

廃車にかかる費用って?

自動車の廃車は大変だ、と何度もお伝えしてきました。
今回は、実際に廃車をする際にかかる費用について書いてみたいと思います。

■自動車廃車にかかる費用の大きな3つ

1.解体業者で解体証明書をもらうために引き取ってもらう引き取り料金
廃車にしたい自動車で自走して解体業者さんに直接持ち込めば、もちろんこの引き取り料金はかかりません。
ただ、廃車の手続きをしたい、と考えている自動車は、自走が不可能であるというケースも多いと思います。
他にも、忙しくて持ち込む暇がない、などの理由で、解体業者に引き取り依頼をされる方が多いです。
しかし、この際には、やはりお金がかかってしまいます。
もちろん業者ごと、住む地域ごと、解体業者から廃車手続きをする自動車までの距離ごとに引き取り料金は違います。
こちらの引き取り料金は、だいたい5000円から20000円あたりが相場となっているようです。

2.リサイクル料金
解体して廃車にする自動車を、スクラップにしてリサイクルするためのリサイクル料金がかかります。
国産の軽自動車では8000円
国産の普通自動車では10000円
外国製の自動車では15000円
大型自動車では20000円
となっています。

3.廃車手続き依頼費
陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)で行う廃車手続きを業者であったり行政書士であったりに依頼をすると、費用がかかります。
距離的に陸運局(軽自動車検査協会)に行くのが難しい、陸運局は平日の日中にしか営業をしていないところがほとんどなので、日程の都合がどうしてもつけられない、などの理由により、廃車の手続きを第三者に依頼する方も多くいらっしゃいます。
その際、だいたい5000円から10000円の費用がかかることが多いようです。

■場合によってはもらえるお金も少しあります
解体業者によっては、稀に鉄くず代金として、10000円前後のお金がもらえることがあります。
しかし、鉄の値段などは鉄相場の変化に左右されるので、あまり確かな金額ではないです。

2012年12月11日

ateam

ateam ateam

ずばっと ずばっと

楽天 楽天

        
     
必須 お車のメーカー
必須 郵便番号 - 郵便番号を調べる
楽天会員・非会員をお選びください

このページの先頭へ